au WALLETプリペイドカードのじぶん銀行への送金で現金化出来るのか調べてみた。

au WALLETプリペイドカード現金化

2018年4月5日より、au WALLETプリペイドカードの残高を、払い出し(じぶん銀行の口座へ入金)できるようになりました。

auウォレットプリペードカードの残高が、じぶん銀行限定になりますが、現金として引き出しできるようになったという事です。

払い出しは1円から可能ですが、払い出しには手数料がかかります、ただ手数料といってもATMでお金をおろしても必要になるので仕方ないかなと思います。

auWALLETアプリを使う必要がありますが、これはかなり画期的なシステムだと思います。

au WALLETプリペイドカードには、カードを使ったり、マンスリーポイントとしてにポイントが貯まって行きます。

その貯まったポイントを、現金として引き出し出来るようになりました。

ここで、少し悪知恵を思いつきました。

au WALLETプリペイドカードにチャージする方法として、クレジットカードやかんたん決済(キャリア決済)があります。

このシステムなら、

「au WALLETプリペイドカードにクレジットカードを使ってチャージして、それをじぶん銀行で引き出したら、クレジットカード現金化が出来るのでは??」

と考えました、同じくauのキャリア決済である、かんたん決済でau WALLETプリペイドカードにチャージして、じぶん銀行で引き出したら、キャリア決済の現金化が出来るのではと思いました。

早速、au WALLETプリペイドカードの現金化ができないか調べてみました。

au WALLETプリペイドカード現金化

結果的には、クレジットカードとauかんたん決済、auWALLETチャージカードで入金したお金は引き出しができないと、きちんと明記されてました。

完全に現金化をさせないための予防措置ですね。

冷静に考えたら、大手企業のauが犯罪まがいのクレジットカード現金化を出来るようにするはずがありませんよね。

 

ゼビオ(XEBIO)でauウォレットプリペイドカードを使う時の注意点

大手スポーツ用品店の「ゼビオ」でも、auウォレットプリペイドカードは使えます。

ただ、auウォレットプリペイドカードをゼビオで使うときは注意点があります。

まず、あたたが利用するゼビオのレジ付近とか出入口等のどこかにその店で支払いに使えるカードとしてMasterCardのマークがあれば使えます。

マスターカードが使えることを確認したら、利用する時に注意する点があります。

ゼビオauウォレット

使う時には「カード、1回払いで」といってauウォレットプリペイドカードを出してください。

auウォレットプリペイドカードは、厳密に言うと、クレジットカードではありませんが、マスターカードのクレジットカードのしくみを使って決済するので「クレジットカードでお願いします!」と伝えれば問題なく決済出来ます。

「au WALEETで」とか「auウォレットプリペイドカード」などとと言ってしまうと、詳しくない店員さんの場合は混乱されて、本来ならば使えるはずなのに「使えません」と断られてしまう可能性が高くなります。

これはゼビオに限った話ではありません、auウォレットプリペイドカードは、チャージしてある金額しか利用できないプリペイドカードですが、決済はMasterCardのクレジット決済を利用して行う仕組みなので、クレジット決済と言う方が混乱を招きません。

ゼビオでauウォレットプリペイドカードを使うときは、「クレジットカードでお願いします!」と伝えれば問題なく決済出来ますよ。

auウォレットならスーパーライフで2%のポイント還元率が可能です。

大手スーパーマーケットのライフでは、auウォレットカードが利用できます。

この、ライフは、auウォレットとすごく相性がいいので、ライフでお買い物する際は、絶対に利用しないと損をしますよ。

ライフでauウォレットを利用したら、ポイントの三重取りが可能になります。

効率よくポイントを貯める事が出来るので、auウォレットカードをお持ちの方で、スーパーライフをよく利用される方は、絶対にauウォレットで決済するようにしてください。

ポイント三重取りとは、ライフポイント、auウォレットポイント、楽天ポイントの3つのポイントがゲット出来るという事です。

auウォレットカードでライフでお買い物する際に、まずライフのポイントカード「電子マネー機能付きポイントカードLaCuCaラクカ」を提示したら、ライフのポイントが獲得できます。

このLaCuCaラクカは、ライフのポイントカードですが、電子マネー機能も備えてるので便利に利用できます。

このLaCuCaラクカは、「200円=1ポイント」を獲得できます。

そして、その支払いをauウォレットカードですると、利用金額に応じて「200円=1ポイント」のauウォレットポイントを獲得できます。

そして最後に、楽天ポイントですが、これが少しややこしいのですが、auウォレットカードにお金をチャージする際に、楽天カードを利用するんです。

ここで注意点がありますが、auウォレットカードにお金をチャージできるのは、マスターカードブランドの楽天カードしかできないので注意してください。

JCBブランドとVISAブランドでは、auウォレットにチャージできないので注意してください。

仮に、マスターカードブランドの楽天カードでauウォレットに1万円チャージした場合は、「100円=1ポイント」の楽天カードが貯まります。

まとめると、仮にライフで3000円のお買い物をした場合、ライフのポイントが15ポイント、auウォレットポイントが15ポイント、楽天ポイントが30ポイント貯まり、結果的に60ポイントが貯まります。

結果的に2%の還元率になります、毎回2%引でライフでお買い物を出来ることになります。

絶対にお得なので、auウォレットカードをお持ちの方は、スーパーライフでは絶対に使うことを忘れないように注意してください。

イオンモールではauウォレットカードのApple Payは使えない?

auウォレットプリペイドカードがApple Payに対応したので便利に利用していますが、先日イオンモールに言った際に利用出来ないケースがありました。

大前提として、auウォレットカードは、イオンモールでは問題なく利用出来ます。

ただ、イオンモール内の専門店でApple Payで決済をしようとすると、エラーになってしまうんです。

もちろん残高は問題なくあります、仕方ないのでauウォレットカードで支払いすると問題なく支払い出来るんです。

Apple Payのクイックペイで支払いをしようとするとエラーになってしまうんです。

本屋さんと、文房具屋さんで試してみましたが、両方ともエラーになってしまいました。

クイックペイを押さないといけにのに、WAONを押してしまったのかと思い、何度かやり直しさせてもらいましたが、クイックペイがエラーになってしまいました。

その場は仕方なしに現金で支払いしましたが、せっかくauウォレットがApple Payのキャンペーンを開催しているので使いたかったんですが使えませんでした。

今後も使えないのかどうか確かめたくて、実際にauに聞いてきました。

返答としては、「auウォレットプリペイドカードが利用できる店舗であれば、クイックペイも問題なく利用出来るはずです!」と言われました。

でも実際にイオンモールの中の専門店では使えなかったんですよと言っても、そんなはずはないと言われてしまいました。

私と同じように、auウォレットカードをApple Payに設定していて、イオンモールの専門店でクイックペイが利用できない方がおられましたら是非教えてください。

じぶん銀行からLINE Payにチャージ可能になったのでau Walletはもう使わない!

じぶん銀行からLINE Payにチャージ出来るようになりました。

これは、ビッグニュースですよー!!

じぶん銀行から、au Walletにチャージ出来るのは当然ですが、auウォレットのライバルと言ってもいいLINEペイにチャージ出来るってすごいですよね。

LINE Payは、還元率毎回2%という驚異のカードなので私も利用していますが、チャージするのが手間だったのですが、自分が持っている、じぶん銀行からチャージ出来るとなると、au Walletカードを使う頻度がかなり減るような気がします。

今まで、ローソンでチャージしていましたが、これからはじぶん銀行でチャージ出来るとなると、わざわざローソンに行く手間なしで、ラインペイにチャージが出来ます。

LINE Payは、使うとすぐにLINEで通知が来るのでかなり便利です。

LINEに残高もすぐに表示されるので、わかりやすくてかなり便利です。

au Walletは200円で1ポイントですが、LINEペイは100円で2ポイントです、単純計算で4倍のポイントがもらえるので利用しないと大きく損をしますよ。

LINE Payは今までチャージする手段が少なくて、使い勝手が悪かったのですが、じぶん銀行の口座を持っている人には、グーンと便利になったカードです。

LINE Payは、絶対に使って損はしません、どんどん利用していきましょう!!

関西国際空港(KIX)のモスドではauウォレットが利用出来ます!

関西国際空港内にある、モスドでもauウォレットが利用出来ます。

MOSDO!といえば、ミスタードーナツとモスバーガーのコラボしたお店です。

関空内にもあるので、先日利用した時にせっかくなのでauウォレットを利用していました。 「関西国際空港(KIX)のモスドではauウォレットが利用出来ます!」の続きを読む…

ロイヤルホストではauウォレットApple Payが利用可能です!

ロイヤルホストでは、Apple Payでの支払いが出来ます。

ロイヤルホストでは、クレジットカードはもちろんのこと、様々な電子マネーで支払いをする事が出来ます。

auウォレットは、最近になってApple Payに対応したので、カードを提示してもApple Payの支払いでもどちらでも対応しています。

ちなみに、ロイヤルホストで利用できるカードの一覧はこんな感じです。

※クレジットカード:JCBカード、VISAカード、マスターカード、UCカード、MUFGカード、DCカード、UFJカード、NICOSカード、アメリカン・エキスプレスカード、ダイナーズクラブカード、イオンクレジットカード、銀聯カード

※電子マネー:QUICPay(クイックペイ)、楽天Edy、iD、交通系電子マネー(Kitaca、Suica、PASMO、TOICA、 manaca、ICOCA、SUGOCA、nimoca、はやかけん)

auウォレットの支払いは、カードを提示してもApple Payで支払いしても、もらえるポイントは同じですが、現在ではauウォレットはApple Payのキャンペーンを開催しているので、Apple Payで支払いする方がお得です。

auウォレットのApple Payは、クイックペイになります。

ロイヤルホストでApple Payで支払いしたい時は、Apple Payで支払いするというより、クイックペイで支払いお願いしますと伝えた方がスムーズに決済出来ますよ。

2017年8月31日までであれば、Apple Payで決済すれば、auウォレットポイントが通常の5倍もらえるのでかなりお得です。

簡単にいうと200円=1ポイントが200円=5ポイントになるのでかなり効率よくポイントが貯まります。

ロイヤルホストでは、ほとんどのカードで決済出来ますが、店舗によっては利用できないお店もあるようなので、近くのロイヤルホストに確認してみてください。

auウォレットのApple PayはENEOSのスタンドは利用不可です。

auウォレットがApple Payに対応したと言うことで、以前は利用ができなかったENEOSのガソリンスタンドに行ってApple Payが利用できるのか確認してみました。

auウォレットはマスターカードのブランドなので自動的にクイックペイになります。auワレット単体ではENEOSのガソリンスタンドを利用することができません、しかしApple Payならガソリンが入れられるのではないかと思い実際に試してみました。

支払い方法を電子マネーを選択し、クイックペイを選びauウォレットの画面を立ち上げてカードリーダーにかざしました。

auウォレットのカードをかざすと、クイックペイのエラーの音が鳴り決済することができませんでした。

ガソリンを入れる画面を確認してみると、ご利用いただける決済サービスがありませんと言うエラーが出ていました。

やはりauウォレットは出光のガソリンスタンドしか利用できないことがわかりました。

Apple Pay経由なら他のガソリンスタンドでも利用できるのかなと思いましたが、ENEOSはだめでした。

おそらくエッソのガソリンスタンドも利用不可だと思います。

私はauウォレットのヘビーユーザーなので、出光以外のガソリンスタンドでも利用できれば大きくポイントを貯めることができると思ったのでしたが、残念ながら現在では、Apple Payを使ってもENEOSのガソリンスタンドでも利用できません。

auウォレットのポイントでチャージが無制限になったので100ポイントごとにチャージしよう。

auウォレットは、ポイントでチャージすることができますが、今までは月に1度しかポイントのチャージが出来ませんでした。

ポイント100円単位でチャージできますが、ポイントは知らない間に貯まっていて、月初のほうにポイントチャージをしてしまうと、月末になって思いがけないポイントが貯まっている場合がよくあります。

月末ごろに、余っているポイントチャージできたらいいのになとよく思っていましたが、これでようやく気兼ねなくいつでもポイントでのチャージが出来るようになりました。

ポイントは月間に20,000円までチャージできるそうです。

実際の話として、ポイントで20,000円までチャージできる人なんてまずいないと思いますが、ポイントで20,000円分も溜まっていればかなりテンションが上がるでしょうね笑

今までは月に1回のポイント交換でしたが、これからはポイント交換が無制限になるので、これを考えれば100ポイント貯まった時点でどんどん交換していくのが1番効率が良いかもしれません。

au WALLETのポイントと言うのは、実質の1円になりますので、様々な場面で使えるのでかなり使い勝手が良いです。

最近ではApple Payも始まったので効率よくポイントを貯めて大きな得をしましょー!!

au電話料金が払えない場合は自動音声で支払日を伸ばすことが出来ます!

auの電話料金の支払い期日を変更する方法があります。

au電話料金の支払い方法は、毎月1日から月末までの利用料金を翌月にご請求されます。

支払い期日は、auケータイ・スマートフォンのみ利用の場合の支払い期日は毎月25日です。

まとめて請求(KDDIのインターネット・固定通信サービス、auケータイ・スマートフォンをまとめてお支払い)の場合は、月末日となります。

ほとんどの人が、毎月25日に支払日が来ると思います。

この支払い期日を過ぎてしまうと、当然ですがauの電波を止まられて電話が利用できなくなってしまいます。

本来なら25日に支払わなければなりませんが、どうしてもお金の都合がつかなくて、支払いができない場合もあります。

そんな緊急時に、自分のau携帯電話から支払い期日を変更することが出来ます。

まず、支払日の25日に支払いができない場合には、葉書で請求書が届きます、コンビニで支払いできるハガキが届きますが、そのハガキの支払い期日は、翌月の10日前後に設定されています。

それまでに支払いをしないと、電話を止められてしまいます。

ハガキと同じく、メールでもauから支払いをしてくださいと連絡が来ます。

それでも支払いが出来ない場合は、さらに支払日を先に伸ばすことが出来ます。

この場合であれば、12日までに支払いしてくださいとの内容なので、本来なら12日までに支払いしないといけませんが、さらに1週間支払日を伸ばす方法があります。

その方法は、auに電話をかけて自動音声で支払日を伸ばす方法です。

まず、「157」に電話をかけてください。

自動音声が流れるので、「2→4→自分の電話の暗証番号→1→支払日を入力→2」と言う順番で入力するだけです。

支払日は、例えば6月14日であれば「0614」と入力します。

最大で、支払い期日の1週間先まで伸ばすことが可能です、簡単に言うと、支払日+6日になります。

ただし、2017年11月以降にこのサービスは終了予定とアナウンスされているので、注意してください。

どうしても支払い期日に間に合わない場合は、先に連絡をすることによって、支払日を伸ばすことが可能になります。

裏技